kogasanaの花騎士日記!

フラワーナイトガールのプレイ・ガチャ日記とたまーにイラストを投稿しています。

アニメーター正社員5. 好きな趣味に使えるお金が欲しい!


アニメーターさんの問題として収入が少ないことが挙げられますが、なんでスキルが高い仕事なのにもらえるお金が少ないのでしょうか。その前提条件からしておかしいんですよね・・・

 

もし僕がアニメ会社の社員だったら多分長く続かないと思います。。

それはもらえるお給料が少ないから・・・しかも親から仕送りしてもらえなんてとても言えません。うちはそこまで裕福ではないので。

 

興味深い記事を見つけました。

togetter.com

MBS毎日放送・大阪のTBS系列のテレビ局)がアニメ業界についてメスを入れているという内容です。関係ないですが、今住んでいるところではMBSが移るのですが、MBSに限らず関西ローカルの番組って意外と面白くてためになる番組が多いなと感じました。さすが経済とお笑いのメッカの大阪!(住んでいるのは大阪府ではありませんが・・・)

それはさておき、アニメーターは「労働者」ではないと言っていますね。実は多くのアニメーターは個人事業主であり労働基準法の対象外であるということ。動画1枚いくら、原画1カットいくらで請け負っているのでそれを給与として支払うと会社が赤字になってしまうというものでした。

 

でもアニメーターさんなら自分の好きなアニメグッズや円盤(ブルーレイ)などオタク趣味にお金を使いたいはずです。そして趣味を楽しんでまたいい仕事をする。これが正のサイクルというものです。

 

しかしアニメ制作会社は動画1枚200円前後で受けてそれを下請けのアニメーターに流すという構造なのでまともな給与が支払えないのです。アニメ業界が持ってあと数年と言っている庵野秀明さんはアニメ「エヴァンゲリオン」の監督をされている方で業界のプロ中のプロと言える方なので、信憑性が高いと言えます。

 

ど素人の私から見てもこんな超ジリ貧な状況があと何十年も続くわけがないということはわかります。

 

さて本題の趣味にお金を使いたいことについてですが、好きな趣味にお金が使えないと何が問題なのかご説明していきたいと思います。

精神的余裕がなくなる

月食費と光熱費を払ったらカツカツという状況が何か月も続くと精神的余裕がなくなっていきます。それもそのはず、趣味に使えるお金がない=余裕なお金がないということなのですから・・・

毎日はつまらなくなる。

趣味は自分自身を高めてくれるものです。そして癒しや高揚の効果があると思います。

その趣味が一切できなくなると毎日がつまらなくなると思いませんか。

アニメや漫画がトラウマになってしまうかも

仕事がうまくいかないと自分が好きで入ったアニメ自体が好きでなくなってしまうかもしれません。

 

趣味だからと侮るなかれ!

数年前に会社人に趣味は必要ないという趣旨のバカな発言をした経営者か役員だかがいましたが、趣味が仕事につながる可能性だってあるんです。例えばバイク好きな人が上司で自分もバイク好きだったらどうでしょうか。そして取引先の上役も昔バイクが好きで改造していた人だったらどうでしょう。当然仕事の話の合間にそういった趣味の話で盛り上がって契約もうまく進むかもしれません。

 

思いっきり仕事をして休日には思いっきり遊んでぐっすり寝る。子供っぽいと思われるかもしれませんが、最高の仕事ができる要素になると思いませんか?