kogasanaの花騎士日記!

フラワーナイトガールのプレイ・ガチャ日記とたまーにイラストを投稿しています。

アニメ会社が儲ける方法を探る。



儲け儲けというとお金に汚いといわれるかもしれない。

しかしお金を稼がなくてはやりたいこともできない。

なのでアニメ会社が儲けるには「会社自身を売り込む」しかないだろう。

 

動画で何百枚も書いていればポーズの基本もわかってくるし、キャラクターの作り方だって少なくともど素人よりは詳しいだろう。

 

そこで会社のオリジナルキャラクターを作ってそこから儲けを得るのだ。

 

【お金を稼ぐ方法その1】 後輩育成

・いつも思うのだが、なぜアニメ会社は学校(じゃなくてもいいけど)として後輩育成をすることに消極的なのだろうか。おそらく毎日の仕事にいっぱいいっぱいでそんな余裕がない。そこで簡単な学校を作って志望者に実際にアニメの仕事を手伝ってもらって、かつ授業料ももらう。これで少しは現場も潤うのではないか。

 

【お金を稼ぐ方法その2】 オリジナルアニメ

おそらく下請けでアニメを作っているのでは、いきなり新人に手伝わせるわけにはいかない。そこで自社が著作権を持つアニメを作ってしまえばいい。アニメは有料配信で丸々収入が会社に入ってくるのでそこで経営を立て直す。オリジナルアニメは新人中心となって作る。もし業務委託で雇っていれば、1枚当たり〇円という単価が発生するが、学生としてであれば作画の指導をする代わりにお金を支払う必要もない。むしろいっぱい勉強したい学生にとってはお金も大切だが、経験や褒められることのほうが嬉しいのだ。もしかなり潤ってきたのならば、奨学金制度などで後輩育成をするのもいいと思う。

 

【お金を稼ぐ方法その3】 ファンクラブ

いい加減にアニメ会社は自社に隠れファンが多くいることを自覚するべきである。

そしてファンもアニメーターの現状を知っているので何とかしたい・してほしいと切実に願っているのである。そこで会社のファンクラブを作ったらどうだろうか。毎月500円~1000円で特典として現場のアニメーターとの交流会参加やイラスト指導、あまり知らていないけど、この辺までなら公開してもいいかなと思えるような情報を専用サイトで公開するなど方法はいくらでもある。もし分からなければ会社のホームページにフォームを作って意見を募るのもありだろう。もしそんな会社があったら私は喜んで意見を送りたいと思う。

 

次のアニメ関連記事は「聖地巡礼アニメのメリットとデメリット」についてお話します。