kogasanaの花騎士日記!

フラワーナイトガールのプレイ・ガチャ日記とたまーにイラストを投稿しています。

【4つの壁】海外から仕事を受注する


おはよーございます!kogasanaです。

早く台風が通りすぎて平穏な天気に戻ってほしいと願っています。皆さんくれぐれもご注意くださいね。

それでは、本題に入りましょう。

昨日の記事で海外から仕事を請ける(イラストに限らず)には4つの壁があるとお話ししましたが、まずは1番目の壁を乗り越えましょう。
※今回は海外から仕事依頼メールが届いていることを前提にお話ししています。

壁1 英語がわからないので無視してしまう。
これについては今のインターネット技術が速攻で解決してくれます。Google翻訳さんです。翻訳前の言語をメールの言語、翻訳後の言語を日本語にすれば大体の内容はわかります。仕事を請けるかどうか決める前にまずはメールを読みましょう。

壁2 届いたメールをスパム扱いしてしまう。
これについては壁1を乗り越えたあなたならどうすべきかもうお分かりでしょう。大体の内容を把握して、文面からこれは信頼できる人だと思えたら返信する、これは明らかにスパムメールだと思えるものはスパム報告すればいいのです。しかし、本当は仕事の依頼メールだったのに迷惑メールと勘違いしてしまう事例があったらしいです。なのでメールはよく読みましょう。

補足 翻訳サイトに外国語の文章をペーストする際に個人情報(本名、ペンネーム、地名)などは記載しないでください。その場合は「A」などのワードに置き換えましょう。これは以前勤めていた会社で教えてもらったことです。

壁3 Paypalのアカウントを持っていない。
海外から仕事を受注した場合、報酬の支払いのほとんどはPaypalになります。
アカウント開設もそんなに難しくないのでぜひ開設しておきましょう。

壁4 英語でNo thanksと断る場合について
私はクリエーターさんに安価な単価で仕事を受けてほしくないと思っています。それなりの仕事をするのですから。
でも無理にやるものでもないです。嫌ならいやとはっきり断りましょう。
断る際に一言仕事を受けられない理由とせっかくメールをもらったのにすみませんorメールをいただきありがとうございますの文章は入れたほうはいいと思います。

そのほうが心証がいいですしおすし

しかしもし単価や納期が希望と合わないので断るといった場合は、断る前に「この条件ではできませんか」という問い合わせをしてみましょう。もしかしたら条件をのんでくれるかもしれません。

以上海外から仕事を受注する際の4つの壁についてお話しました!