【保育士さんありがとう】私がお絵かき好きになった理由

2019年5月12日

こんにちは。kogasanaです。

今回は私の保育園時代の思い出についてお話します。

お絵かき好きになった保育園時代

私は小学校に入学する前に家から一番近い保育園に通っていました。

保育園にはお絵かきの時間があり、私はそれがきっかけでお絵かきが大好きになりました。

小学校に入学してからはゲームばかりするようになってしまったのでほとんどお絵かきをしなくなってしまいましたが、長い年月を経て、同人活動に興味を持ったことからお絵かきを始めました。

 

褒めてもらって嬉しかった

保育園の時は毎日お絵かきをしていました。親に買ってもらった色鉛筆やクーピーペンシルで毎日お絵かきをして友達に見せていました。

友達も「kogasana君は絵が上手だね♪」といっぱい褒めてもらいました。

保育園の先生にはすごく感謝しています。

悪いことをしたときはしっかり叱ってくれました。

良いことをしたらすごく褒めてもらいました。

褒めてもらえるととっても嬉しかったのを覚えています。

 

保育園に行かなかったら・・・

もし私が保育園に行かなかったらお絵かきの楽しさを知らずに大人になっていたかもしれません。

小学校でも先生から勉強を通じて社会のマナーを教えてもらいましたが、保育園に行ったおかげで視野が広くなったのは間違いありません。

保育園は子供を預けるだけの場所ではありません。

・小学校に通う前に社会のルールをしっかり教えてくれる。

・子供の可能性を伸ばして視野を広くしてくれる

お絵かきの時間、お昼寝の時間、みんなで「おかあさんといっしょ」を見る時間、体操の時間.etc

すべてこれからの人生の可能性を広げてくれる大切なイベントです。

 

保育士さんありがとう!

未分類

Posted by kogasana